水素の力

水素の特長とは?

美容分野で注目されている水素の最大の特徴、

それは水素の持つ「抗酸化力」にあります。

水素の抗酸化力は「活性酸素を除去する」という最大のポイントがあります。

 

活性酸素を除去するとどうなるの?

活性酸素には「悪玉」と「善玉」がいて

悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカルやペルオキシナイトライト)

は酸化力が強く、細胞や遺伝子を傷つけます。

この悪玉活性酸素が活動すると「老化」がはやまります。

一方、善玉活性酸素は酸化力が弱く

細胞は傷つけずに、血管を広げたり

殺菌作用で人体に悪さをするものを追い出すなど

私たちにとっては強い味方でもあります。

 

水素は人体にとって有害な「悪玉の活性酸素」だけに反応し、

悪玉を見つけるとすぐに除去します。

そして水素がすごいのは、

人間にとっていい働きをする善玉の活性酸素は除去しないこと、です。

 

「活性酸素なんて出さなければいいのに…」と思うところですが

人が生きている限り、発生してしまうのが活性酸素です。

呼吸をして酸素を得て、食事によって栄養をとることで

細胞(ミトコンドリア)はエネルギーを生み出しています。

このエネルギーが作り出されないと

人間にとって重要な「代謝」が行われません。

代謝とは脳や血液、内臓、皮膚などを作ったり

その臓器を動かしたり、呼吸したり、生命維持のための

活動をいいます。

生きていくためにはエネルギーを生み出すことが不可欠なのですが

このエネルギーが生みだされる時に生まれるのが「活性酸素」です。

 

悪玉活性酸素は

老化、シミ、シワ、アトピー性皮膚炎、

生活習慣病、メタボリックシンドローム、

糖尿病、がん、心筋梗塞、パーキンソン病、

脳梗塞、アルツハイマー病など

さまざまな老化や病気を引き起こす原因

になっているといわれています。

悪玉の活性酸素が除去されないと

酸素の持つ酸化力が細胞を傷つけ

酸化させてしまうため、

老化や病気の原因となってしまいます。

 

「水素が身体のさびを取り除く」

という言い方をするのは

水素が身体に悪さをする悪玉活性酸素にくっつき

水として排出してくれるから。水素は私たちにとって

力強い味方なのです。