水素の特徴

肌トラブルを根本から解決

 

水素は肌トラブルを改善するといいますが

それはどうしてでしょう。

 

ビタミンCと同じ抗酸化力

シミには「ビタミンC」が効果的というけれど

ビタミンCがお肌にいいのはなぜでしょう。

それはビタミンCの持つ「抗酸化力」が

「活性酸素」からお肌の細胞を守り、老化から防ぐため。

水素はビタミンCと同じこの「抗酸化力」を備えています。

「活性酸素」は老化や病気の元凶といわれ

生活習慣病や動脈硬化、がんなどの原因にもなっています。

水素はビタミンCほど抗酸化力は強くないため

対抗する活性酸素の中でも

比較的弱い善玉活性酸素には反応せず、

強い酸化力の悪玉活性酸素だけに反応します。

人間にとっては水素のこの、

「良い活性酸素はそのままに

悪い活性酸素だけ退治してくれる」という特徴が好都合。

さらに

反応した水素は悪玉活性酸素とくっついて、

水となって排出されるだけなので体には無害などころか

いいことだらけなのです。

 

ビタミンCより小さい分子

水素がすごいのは悪玉活性酸素とだけ結び付いて

水として排出してくれること、だけではありません。

水素の分子はビタミンCだけでなくビタミンEや

コエンザイム10などの抗酸化ビタミンよりも小さく、

それらのビタミンが入ることのできない部分にまで

入り込むことができます。

 

人間の細胞は中心に核があり核を囲むように

膜で覆われていて、その周りに細胞質があり、

またその周りを膜で覆っています。

細胞膜は脂でできていて、水溶性のビタミンCは

通り抜けることができませんし、

細胞質は水溶性なので水に溶けないビタミンEは

その先に入り込むことはできません。

それに比べて水素は、宇宙で一番小さい分子なので

それら分子の大きいビタミンが入り込めない

体のあらゆる器官、人間の血管や筋肉、脳の細胞にまでも

入り込むことができます。

どんな場所にも入り込むことができるので

体のすみずみまでそのパワーを行き渡らせることができる、それが水素なのです。

 

口からも肌からも

水素のいい所は

口から摂取するものだけでなく

肌からも吸収できるところです。

 

水素水や水素サプリメントのように

飲んだり食べたりするもののほかに

水素入浴剤や水素化粧品のように

肌から吸収するものがあります。

生活スタイルに合わせて

自分で取り入れやすいものを

選ぶことができるのが水素製品のいい所です。